特許と商標登録でどんどん業績を伸ばすお話

画像の説明


特許と商標登録でどんどん業績を伸ばすお話
今週のゲストは、網島弘幸さんと手島勝さんです!



12月12日 水曜日 夜10時
私のラジオ番組「GBのワシにも言わせろ!」に、株式会社HR代表取締役 網島弘幸さんと手島特許事務所弁理士 手島勝さんが登場します。


3月にも出ていただき、㈱HRの空調用節電システム「エコミラ」が特許を取得し、商標登録を行ったというお話を伺いました。
特許の威力は大変なもので、この半年間でエコミラの信用力は大幅にアップし、電力会社に採用される見通しまで立ったそうです。


電力の消費が著しく過大な時に、消費者側で電気の使用を控えてほしいという政府からの要求をデマンドレスポンスというのだそうですが、エコミラは空調を停めることなく、つまり消費者に我慢を強いることなく、しかも温度設定の変更など消費者の行為を必要とせずにデマンドレスポンスに対応できる唯一の商品ということで、政府からも電力会社からも注目され始めました。


単に節電で電気代が節約できるだけでなく、なんと節約できた分の電気を電力会社が買い取ってくれるというのです。太陽光発電で作り出した電気を売る話は聞いたことがありますが、節約できた分が報酬になるシステムがあるなんてビックリです。


「地球温暖化の抑制は“エコミラ”で!」
が網島社長のスローガンであることは前回の放送で紹介しましたが、決して妄想ではなかったことが明らかになってきました。

今、世界100か国で国際特許を出願中だということです。エコミラが地球規模で活躍する可能性が出てきたわけで、えらいスケールの大きな話になってきましたね。


網島社長いわく、中小企業が開発した技術を信用してもらうのはとても大変で、エコミラのことを理解してもらおうとすれば電話帳サイズの技術解説書を用意する必要があり、それをもって説明してもなかなか信用されない。

でも、特許を取れば電話帳サイズの解説書に代わり、特許取得を証明する紙切れ1枚を提示すれば済み、しかも信用のされ方が断然違うとのこと。


弁理士の手島さんには、これまで何度も出ていただき、特許・商標の威力をお聞きしましたが、実際このような事例を目の当たりにすると“脱帽的納得”ですね。
網島社長も、「手島先生に出会ってなかったら、今の会社の姿はない」と断言します。
すごいなぁ、エーケンも特許取ろうかな。


「エコミラ?そんなん付けたら爆発するんちゃうんか?」と言われ続けた商品が、日の目を見ようとしているお話は、12月12日(水)夜10時からの「GBのワシにも言わせろ!」でお楽しみください。
ラジオを聴くにはこちら↓の関西チャンネルの再生ボタンをクリック。
http://www.yumenotane.jp/now-playing


「GBのワシにも言わせろ!」は、
行政書士業務や高齢者支援業務を通じて、全世代の幸せを願う竹中永健が、夢を追う人を全力で応援するラジオ番組です。



あなたもラジオに出てみませんか?

出演を希望される方は、
「ラジオ出演者募集」をご覧ください。





【この記事を書いた人】

竹中永健

竹中永健
株式会社ばんぜん 代表取締役
行政書士
ラジオパーソナリティー

「高齢者をはじめ全ての人が、ばんぜんな日々を送れる理想の住まい・サービスを増やしていきたい」という想いを持って、株式会社ばんぜんを経営する傍ら、ラジオ放送局「ゆめのため」のラジオパーソナリティーとしてゲストさんの夢を応援する活動も実施中。
> 会社概要・詳しいプロフィールはこちら


コメント


認証コード3430

コメントは管理者の承認後に表示されます。