建設業許可についてお話します。

建設業許可についてお話します。

建設業許可についてお話します。

1月9日 水曜日 夜10時
私のラジオ番組「GBのワシにも言わせろ!」では、珍しくというか初めて許認可のお話をします。



建設業許可を受けたいというご相談をよく受けますが、この許可けっこうくせ者でして、手数料を払って申請さえすれば取れるというものではなく、いろんな要件をクリアしないといけません。

この要件のうち、いつもネックになってつきまとうものを3つ挙げました。

  • 経営業務の管理責任者(経営経験)
  • 専任技術者(資格または実務経験)
  • 財産的基礎
    です。

このうちのどれかにつまずいて、今まで何人の方が許可をあきらめたことでしょう。
逆に言うと、この3つがクリアできていれば、許可が取れる可能性はググっ!と上がります。
このあたりをなるべくわかりやすくお話します。

経営経験も実務経験も全くない、つまり建設業に携わったことが一度もないけど許可を取れるでしょうか?という相談が、私的には今までで一番強烈でした。

答えは・・・あると言えばある、ないと言えばない。
その人の場合、(事業主として自分一人だけの人員で取りたいということだったので、)「ないと言えばない」のほうでした。

「裏技使って取れる方法とかあるんでしょ?」と言われたこともありますが、虚偽申請をして取るという意味だとしたら、それは裏技ではなくて“破滅行為”です、絶対にやめましょう。

ただ、私(というか行政書士)が手続きを代行したから取れたけど、お客様が自分で申請してたら絶対取れなかっただろうな、と思う案件は何度か経験しています。申請時の窓口での受け答えで、事実を正しく伝えることができるかどうかで結果が変わることもあるということですね。

この放送の収録後、担当してくれたPAさんが「今日の話、私のお父さんに、今まさに聞かせたい内容です」と言ったのでびっくり。どこに需要があるかわかりませんなー。


建設業許可の話をしたら幾らでも話したいことがあって驚きました。1月9日(水)夜10時からの「GBのワシにも言わせろ!」でご参考にしてください。
ラジオを聴くにはこちら↓の関西チャンネルの再生ボタンをクリック。
http://www.yumenotane.jp/now-playing


「GBのワシにも言わせろ!」は、
行政書士業務や高齢者支援業務を通じて、全世代の幸せを願う竹中永健が、夢を追う人を全力で応援するラジオ番組です。


あなたもラジオに出てみませんか?
出演を希望される方はこちら




【この記事を書いた人】

竹中永健

竹中永健
株式会社ばんぜん 代表取締役
行政書士
ラジオパーソナリティー

「高齢者をはじめ全ての人が、ばんぜんな日々を送れる理想の住まい・サービスを増やしていきたい」という想いを持って、株式会社ばんぜんを経営する傍ら、ラジオ放送局「ゆめのため」のラジオパーソナリティーとしてゲストさんの夢を応援する活動も実施中。
> 会社概要・詳しいプロフィールはこちら


コメント


認証コード2616

コメントは管理者の承認後に表示されます。